greeting



やっとここまで来れました。



社会人になってからずっと

まわりが求める大人を目指して生きてきました。


社会のルールに適応すること。

会社の期待に応えること。


何かが違う気はしてるのに

それと向き合う器用さはなく

日常はあっという間に流れていきました。




常に「~しなければ」と思い込み

そんな自分を止められませんでした。




結果、体調を崩し、強制終了は突然訪れました。






そこまで行ってやっと気づきました。




自分の人生に嘘が多すぎたことに。









これからの取り組みに対する

まわりの反応や結果は正直今でも恐いです。

ひょっとしたら


ずっと恐いままなのかもしれません。






それでも



素晴らしい仲間と過ごしてきた時間の中で


結晶化できた作品が

こちらへお越しになった誰かの日常


新たな一歩を踏み出すきっかけとなれたのなら

それは大変嬉しく思いますし

叶うならそう在りたいと願います。







そして



新たな共鳴が続く限り






一度は手放してしまった未来の再選択と

これからは向き合っていこうと思います。







Gt.tatsuru





[鸞式] MV 「it」short.ver